公益財団法人 福田記念医療技術振興財団
財団について
概 要
理事長挨拶
所在地
定款
事業案内
財務諸表
助成実績
募集要項
研究助成事業
国際交流助成事業
論文等表彰事業
理 事 長 挨 拶

 福田記念医療技術振興財団は、フクダ電子株式会社の創業50周年記念事業の一環として、創業者の故福田孝氏により設立され、平成2年11月1日、当時の厚生省(現厚生労働省)に認可されました。公益法人制度改革に伴い、平成22年4月1日から内閣府認可の「公益財団法人」となりました。
 当財団は、医用電子工学(Medical Electronics以下「ME」という。)を利用した医療技術の研究や当該研究に関する国際交流に対して助成を行うなど、MEを利用した医療技術の振興、普及を進め、もって国民の保健衛生の向上、福祉の増進に寄与することを主な目的としており、多くの研究者の方々に対する助成や支援を行っております。
 具体的には、研究者への研究助成事業、研究留学や国際会議への出席または海外の研究者の招聘などに対する国際交流助成事業、雑誌等に発表された優秀論文への表彰事業など、これまでの助成数はおよそ800件、総額約8億円を超えております。
 また、これら助成を受けられた方々の研究報告等をとおして医療技術の振興や普及向上に資するため、毎年『福田記念医療技術振興財団情報』を発刊し、関係者や大学等に無料で配布いたしております。
 財団は、令和2年11月に創立30周年を迎えることができました。これも、初代理事長の故大島正光先生、平成21年から引き継がれた杉本恒明先生のお二人のご尽力があってのことと心より感謝申し上げます。
 今後も日本の医療技術を支える次代の多くの研究者の皆様へのお力となるよう努力していく所存でございます。令和3年度からは、助成事業の規模をさらに拡大し、より充実したものとしていく予定です。研究者の皆様方が当財団の事業の趣旨をご理解いただき、ご自身の研究に有効活用されることを期待しております。
 おわりに、当財団を支えていただいている多くの関係者並びに賛助会員の皆様に厚く御礼申し上げますとともに、今後とも更なるご支援ご協力をお願い申し上げます。

令和3年 1月 公益財団法人 福田記念医療技術振興財団
理事長  細 田 瑳 一
サイトマップ ホームページ利用にあたって